誕生日会

昨日土曜日、桜花がいつもグループなどで仲良くしてもらっている
お友達を招待して、2歳の誕生日会を開きました。 

去年はまだまだ「お友達と遊ぶ」なんてことはできなかったけれど、
2歳に近づくに連れて、よく遊ぶお友達の名前を覚えて、
「お友達と遊んでいる」「楽しい」ということがわかってくるようになった
(ように見える[m:206])し、去年と違って誕生日が『特別な日』ということも
わかるような感じだったので、ぜひ何か催してあげたいなぁと思っていました。

いつもいっているトドラーグループでお母さんとも親しくさせてもらっていて、
子供同士も2歳前後と年が近くてよく遊んだりしている親子(家族)に声をかけて
週末の貴重な時間を割いて、家族で来ていただきました 

場所は、新しい家で 
(この夏、家を購入しました。
今住んでいるところからは車で5分くらいのところ。
現在、家の中を修理したり、デコレーションしたりと準備を進めている
ところで、何もなく、まだまだ住める状態ではないのだけど、
スペースはある! ということで、こっちの家に集まってもらいました。)

桜花よりも一足先に2歳になったお友達、
これからお誕生日を迎えるお友達 (とそのお姉ちゃんたち)
など、全部で9人 しかも 全部 ガールズ 
なかなかにぎやかでございました 


d0174184_20455035.jpg


d0174184_2042111.jpg



もらったプレゼントを嬉しそうに開けてみたり・・・


d0174184_20564066.jpg


d0174184_20501086.jpg


祖父母にもらったサンドピットに砂を入れて、
マイ・砂場でみんなと遊んだり・・・・

d0174184_2112998.jpg


ランチ(といっても軽食だけど)をみんなと一緒に食べたり・・・

d0174184_2143260.jpg



ちなみに、今回お誘いした家族の9割がアジア人のお友達。
(一人だけロシア人ハーフの女の子が。でも、ぜーんぶインターナショナル
の家族でした )
だったので、食べ物の用意はあまり困りませんでした(笑)
イギリス人だと、ベジタリアンの心配したり、魚はだめとか、
野菜はだめとか、いろいろあるもんね・・・ 
すし のリクエストもあったので、朝からがんばって巻きましたよ~

d0174184_21113610.jpg


d0174184_21145100.jpg


炊飯器Maxの5合分だったけど、即完売。でもほとんど大人が食してました。
一応、サンドイッチとか、ケークサレとかも用意しときましたが、
寿司が足りなかったかも、ってくらいみんな食べてくれたので、
早起きしたかいありですね!





そして、パーティのハイライト? ケーキの時間 

d0174184_2118422.jpg



d0174184_21211098.jpg

d0174184_21243719.jpg





みんなに囲まれ、誕生日の歌を歌ってもらって、
自分でも手拍子加えて、ご満悦 
しかも、びっくりしたのが、なんでか「ろうそくを吹き消す!」ということを
知っていて? 木曜の誕生日の日も、まー器用に吹き消していて、
そんなことどこで覚えたんだ? ってな感じ 


今回のケーキは、日本の誕生日ケーキを目指して
いちごのショートケーキ風 
「風」なのは、いちごはスポンジの中には使っているけど、
上には飾らなかったし、クリームも普通の生クリームじゃなくて、
ちょっとクリームチーズを足したものにしてみたので・・・
で、例の(!) デコ 
この日は、ほかの子も知っていそうなCBiebeesのキャラにしてみた(けど、
先日のわんわん同様、まだら模様なんだけどね・・・・ )

そして、完成の写真を撮り忘れた・・・・ 

気がついた時は、すでに遅し。

d0174184_23265823.jpg



ケーキを食べた後は、リビングでみんなで輪になって歌を歌ったり・・・

d0174184_2329745.jpg



d0174184_23305684.jpg




ゲームをしたりして遊びました 

週末だったこともあって、普段は会わないお父さん(だんなさん)
連れで来てくれた家族もいて、会話をかわすこともできたし、
みんなハーフの子育てしてるからか、そんな共通の話題もあったりして、
みんなでパーティを盛り上げてくれて、ほんと感謝・感謝でした 

ちなみに去年の経験を活かして(?)
今年は、私の友達Mちゃんにカメラを託してありました 
( 去年はだんなに託してあったのだけど、
ま、だんなはだんなで、ソーシャライズ(?)に忙しかった(のであろう)
のと、やっぱり男だからか「ここ!」というときにちゃんと撮ってくれないし
不満がたまるので、ここはやっぱり、同じ立場できっと気持ちをよく
理解してくれる「日本人」で「女の人」にお願いするのが一番だ
と思い、事前にお願いをしてありました。
メモリーがフルになるまで撮ってくれて、しかも上手でスバらしかったです
本当に、ありがとうね!!!)

来てくれたお友達が「SAYAKA!」とか「さやかちゃん!」って
呼んでくれてることが、妙に私は感動で(笑)
去年の誕生日から一年、こうやってお友達とからめるようになるまでに
なったんだなぁと変なところで感慨深くなったりして 
ちびがとても楽しそうなのを見ると、あぁ、ちょっとがんばってよかったなーと
しみじみ思うのでした。
(一気に腰が痛くなったけどね・・・ )

それに、私自身、同じような年齢の娘を子育てしていて、
異国の地で、ハーフの育児、あるお母さんはもう長く住んでいて
先輩でいろいろ勉強になるし、情報交換したり、一緒にグループにいって
おしゃべりしたり、なんてことができることが、
本当、幸せだなぁと思ったのでした。
これは、桜花のお陰です。


みんなが一気に帰ってしまった後、桜花が寂しそうにしているのを見かねて、
Mちゃん家族が少し残ってお茶を飲んでいってくれました  
そしたら、外からアイスクリーム・バンの音が聞こえてきて・・・・ 
Eちゃんと桜花は、ダディたちにアイスクリームを買ってもらったのでした 


d0174184_23351981.jpg



今週、糖分取りすぎです ・・・ 


桜花はもちろん、私たち夫婦も楽しませてもらい、
遠くからでもかけつけてくれたお友達家族みんなに本当に感謝です。
そして、カードを送ってくれたお友達、メッセージをくださったみなさん、
ありがとうございました。
また一年、健康に笑顔で暮らせるよう、家族で力を合わせて
がんばりたいと思います。 


d0174184_23374468.jpg


d0174184_23395195.jpg

[PR]

# by utakouta | 2010-09-20 21:25 | 桜花

桜花 2歳になりました。

9月16日、今日は桜花の誕生日でした。
おかげさまで、元気に2歳を迎えることができました。

昨年も、一応お誕生日らしきことをしましたが、
その前の週は義父の70歳の盛大なパーティがあったりして、
家族でパーティ疲れ?していたし、1歳でまだ
本人もあまり実感がなさそうだったけれど、
今年は、いくらかわかるかな?とおもい、いろいろ計画してみました。

今日はベンも半日休みを取って、桜花に付き合うことに。
昨日の夜、桜花が寝てから、部屋に風船飾ったり、プレゼントを用意したり。
今朝は、朝から義母も義父も起きてきてくれて、
朝一番から、プレゼントを開けました!

d0174184_6213858.jpg


昨日までに届いた、プレゼント&カードの山。
義理両親、私たち、デイヴィットおじさん、親戚のおばちゃんニーナ、
いとこのジェイコブ君、日本のおばあちゃん。
カードは、以前大変お世話になったK君、誕生日が1週間前だったSちゃんから。


d0174184_626227.jpg



包装紙は派手にびりびり~~ と破るのが、イギリス?式。
手前に写っているでっかい塊は、かめの形をした、砂場。
亀の甲羅が、ふたになっているので、庭においておける、すぐれもの。
(ちなみに、遊び用の砂はまだ入ってません。)
その他、木製ブロック・DVD・洋服・絵本・粘土のセットなどをいただきました!

「わ~お! すごいねぇ~!」を連発。朝からご機嫌です。


午前中は、「ベビー・バレエ」というクラスにいってきました。
9月から新学期、先週からスタートしたこのクラスに、先週から通いはじめて
今日で2回目。
2歳~3歳児のクラスで、音楽に合わせて、ちょっとだけバレエの動き
(つま先で歩いたり、手をあげて回ってみたり)も踏まえつつ、
タンバリンを叩きながら、行進したり、ジャンプしたり、くまのぬいぐるみと踊ったり、
なんてことをやりました。
家でも、のりのいい音楽が流れてきたりすると、オリジナル?のダンスで
腰を振ったりしているので、本人は楽しそうにやってます。
しばらく続けてみようかな、と思っているところ。 あのピンクのレオタードには
抵抗あるけれど。。。。 (前からやっている子は、みんな着ていたけど、
たぶん、強制ではないかな。)

午後は、隣町にある大きな動物園にいこうかと予定していたけれど、
どうも雲行きがあやしいので、タウンでランチに変更。
桜花に好きなピザを食べにいきました。 義妹も呼んで一緒にランチ。

d0174184_6353733.jpg

d0174184_637911.jpg

d0174184_6394634.jpg
d0174184_6382430.jpg


ちなみに、ここにいってから気がつきましたが、
去年の誕生日の日も、ここでランチを食べてお祝いしたんでした。
しかも、近くに住んでる義妹&彼を誘って。
あれから一年なんてあっという間だなー。


さて。夜は、またまた義妹ターシャと彼も招待して、
家で、誕生日ディナーを企画。
(日曜には、義姉&彼を誘って、ランチを予定しているのだけど、
ターシャたちは明日から10日間のホリデーにでかけてしまうので、
今日来てくれることに。)
家に帰って、桜花の昼寝中にせっせと夕飯の準備をしました。

パーティ・ガールの衣装?は浴衣ドレスで。
(先日、チェコの結婚式に呼ばれ、それに合わせて作ったもの)
レースとかつけようと思ったけど、ぜんぜん桜花のイメージじゃない・・・と
ベンにも反対されたので、(私もしっくりいかなかったし・・)
ただの浴衣風になってしまった・・ ちょっと味気なかったかなー

d0174184_649116.jpg

d0174184_651453.jpg


前に一度作っているので、型紙もあったし一日で仕上げられました。
まだ帯まで作る余裕がないので、今回も前回と同様私の兵児帯。。 長すぎ(汗)
柄は、桜柄で、「リップル」という、子供の浴衣によく使われている素材の布に
したので、多少涼しげな感じはします。
って、もう9月なんで、季節的にはあってませんが。
イギリスは季節感なんてものはないので、ま、いいことにしましょう。


ケーキ作成は数日前から。 前回初挑戦したデコ・ケーキ。
初めてにしては、まぁまぁだったので、今回は桜花の好きなキャラで
作ってみることに。
(が、2回目~と思ってちょっと手を抜いたがために、失敗した・・・がーん。
画像後ほど。)


夕飯のメニューは、
・鶏肉のしょうゆ煮
・なす肉味噌炒めのチーズ焼
・もやしの中華風サラダ
・卵とほうれん草のスープ
・焼おにぎり(味噌) と さば飯のおにぎり(ターシャのリクエスト)

とこんな感じ。


d0174184_6572431.jpg



さて、ケーキはというと・・・・

d0174184_704157.jpg
d0174184_6591222.jpg



こんな感じ。
桜花の好きな、NHKの子供番組「いないいないばぁ!」のキャラクター「わんわんとうーたん」
何が失敗かというと、下絵をした後、チョコが割れるのを防ぐためにさらにチョコの層を重ねるのだけど、
前回はホワイトチョコでやったのに、今回は普通のチョコの方があまっていたから、
「厚くするだけだし、いっかー」と塗ったら、見事に表にむらとして出てしまった・・(涙)
「わんわん」って本来白い犬なのに、ダルメシアンみたいなまだらにー! えーん

まぁでも、桜花は「わんわん!!」といって、何なのかはわかってくれたので、よしとしよう。
ちなみに、このケーキは、イギリスではスーパーでも売られている、
「アイシング・ケーキ」と呼ばれるもの。
中身は普通のスポンジ+ジャム層か、クリスマスとかだと、ドライフルーツたっぷりのケーキだったりして、
デコレーションは、アイシング(粉砂糖をペーストにして伸ばしたもの。甘い!!)
でコーティング。桜の花びらも、そのアイシングに色をつけて、粘土細工みたいにしたもの。
(こういうのを「シュガークラフト」といって、こちらもイギリスの代表的なデコ・ケーキ。
教室なんかがあったりもする。)


d0174184_783276.jpg

d0174184_7125673.jpg


お楽しみはまだまだ続きます。。。

d0174184_7101656.jpg


d0174184_7162152.jpg


ターシャ&ニックからは、太めの色鉛筆、手で遊べるペイント、粘土セット(同じもの!)
と、汚れ防止?ビニールシートのセットでした~
最近、ようやくお絵かきや色・形を覚えだしたところなので、
これからこういうのが楽しくなってくる時期なのかな、と思います。


日本からも、おめでとう!メールが届きました。
家族みんなにお祝いされて、幸せな誕生日が過ごせたことと思います。
ま、まだまだ本人の希望!というのではないので、ほぼ、親(っていうか、私)
の満足ですが。
今のところ、大きな病気・怪我もなく、元気に育ってくれていて、ありがたいです。
3歳の誕生日はどんな風に迎えるのかなー


さて。
土曜は、お友達(女の子ばっかり8人!)を誘って家で誕生日会。
日曜は、クリーシャおばちゃんたちが来てランチ、と
週末もイベント目白押し?です。
[PR]

# by utakouta | 2010-09-17 07:23 | 桜花

お義父さんの誕生日。

スコットランド旅行記がまだアップし終わっていないというのに、
気がついたらもう9月・・・ (スコットランドは8月頭だった・・)
イギリスは、もう、秋ですよ、秋。

9月9日、今日はお義父さんの誕生日でした。
イギリスでは「0」のつく年齢はいくつになっても
盛大にお祝いをする習慣?(ただの、祭り好き?)
があるので、去年は70歳だったお義父さん、
遠くはウェールズからも親戚を招待して、
盛大に誕生日会をしました。

今年は、キリ番ではないものの、やっぱり誕生日は特別。
(私の誕生日は忘れられてたけど・・・(涙))
義妹カップルもきて、我が家でディナーパーティでした。

普段、こういったパーティでメインを作るのはお義父さん担当。
でも、今日はお義母さんがラムを料理。
私はたいてい、ケーキ担当。
今回は、ちょっと本格的なチョコケーキを焼いてみました。

プラス、前から気になっていた 「デコ・ケーキ」
ケーキ専門店に頼まないとできないものかと思っていたけど、
結構、自宅で自分で作っている人もいるらしく、
ネットで検索すると、詳しく作り方が載っている。
来週の桜花の誕生日にこれを作ってあげたい が、
初めてでいきなりやって失敗するのも嫌なので、
練習がてら、今回のケーキで挑戦してみました。

で、できあがりはこちら。 ↓

d0174184_5555260.jpg


ケーキは、3層・チョコクリームをサンドのチョコケーキ、
で、車(ミニ・クーパー)の部分が、いわゆる「デコ」の部分です。
下絵からちょびちょびやって、2日かかった・・・・
色づけも全部チョコでできてるので、もちろん食べられます。
お義父さんの名前(ミドルネーム) A.ZENON といれてあります。
細かくて大変だった・・ 初めて挑戦するにはちょっと難問だったかも。

ちなみに、なぜ、ミニ・クーパー なのか、というと、
今、お義父さんは、この車を改造していて、それが完成したら、
スペインだかフランスだかで行われるラリーに参戦するんだとかで、
毎晩遅くまで仕事(っていうのか?)をしているのです。
色はまだ塗ってないみたいだけど、ボディーは赤、天井が白、らしいということを
ベンが聞いてきたので、それに似せて作ってみました。

ろうそくは 「7」と「1」が種類が違いますが、
「1」は去年、桜花のときに使ったもの。(笑)
今日「7」だけ買ってきて組み合わせました。8年は使える(笑)

反応は・・・ まずまずでした!
滅多におおげさに褒めることのない義父ですが、
これにはちょっと感動してくれたみたいで、
明日、仕事場に持っていく、といっていました。
一緒に、改造をしているお友達に見せてくれるのかな。

d0174184_6163037.jpg



今日は主役じゃなかったけど、初めてのチョコケーキに興奮 ↓

d0174184_6222949.jpg



こんなおばかなこともやってました・・・

d0174184_627627.jpg



来週は、ちびが主役です。
家族や、お友達を誘っての誕生会が3連荘。
がんばってケーキや寿司を作りまくりマース。
[PR]

# by utakouta | 2010-09-10 06:31 | イベント

スコットランド旅行 ~食事編~

スコットランドといっても、同じイギリス国内なので、
これといって、代わり映えのする料理があるわけではないのだけれど・・・ 

それでも、やっぱり地方独特の名産?というのはあって、
スコットランドといえば、まず 「ハギス」。
これは、以前はこの辺でもスーパーやファーマーズマーケット(農協のようなところ)で
買えたみたいなんだけど、最近は見かけなくなったとかで、
私も一度も食べたことがありませんでした。

 「ハギス」 とは・・・
 
 茹でたヒツジの内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング(詰め物料理)の一種。さまざまなバリエーションが存在するが、内臓としては主として肝臓が使われ、心臓や腎臓を使う場合も多い。胡椒などの香辛料を使うことが近年、一般的となっている。


・・とウィキペディアに載っています。

これだけ読むと、ちょっと 「うーん・・・ 」 って感じ。
焼肉屋でも、内臓系は苦手だし、見た目がぐろいのも、いまいち・・
が、義母が「チーズみたいでおいしいよ~」というし、
(※ ゲテモノも結構平気な義父に比べたら、義母の方が食べ物を選ぶタイプ。)
挑戦はしてみよう、と思っていました。


それがこちら ↓ (初日の夕飯。)



だんなは、好きだというので(食べたことがある)、注文させて、味見してみることに。


d0174184_22361864.jpg


このひき肉みたいに見えるのが、ハギス。
お味は・・・ うん、なかなかおいしい! ひき肉いためたみたいな感じで、
想像していたようなグロさはなし。

ちなみに、私は、ラム(羊)バーガーをいただきました。

d0174184_22392346.jpg



二日目の夜。 エディンバラの街中をうろうろしていたら、結構日本食屋を発見。
その中で、「一番ずし!」という店をみて、だんなが入りたいというので、
(ラーメン、ラーメンとうるさいので) 入ることに。

ラーメン、といっていた割りには、まぐろ(さしみ)丼が食べたいと言い出し、
「トラディッショナル(伝統的な?ってどんな?)ラーメン」ってのと、
「まぐろ丼」を頼んでみた。
(写真取り忘れました。取るほどのものではなかったですが・・・)

ちなみに、だんなが「シェフは日本人?」と聞いてみたけれど、
スタッフは全員中国人でした。
「ラーメンは、何味?とんこつ?みそ?」と聞いていたけど、
そんなこと、中国人にわかるわけないじゃん・・・・ とつっこみ、
みそ だというのでとりあえず、それに。

ラーメンは・・ まぁ食べられなくもなかったですが、インスタントの方がいいな・・
まぐろ丼は、料理 というよりも、新鮮な魚(まぐろ)さえ手に入っていれば、
なんとかなるもので、その点、スコットランドは魚がおいしいのでも有名なので、
こちらはまずまずでした。値段の割りには小っちゃ! って感じでしたが、
日本食屋は、どこもそんな感じだし。


さて、三日目。
三日目は、エディンバラを出て、レンタカーを借りてハイランド地方の方角に
向かってみました。
途中、B&Bを見つけ、そこはレストランもパブも併設しているところだったので、
そこで食事を。

せっかくだから、シーフードも食べてみようということで、
スターターに、Mussel(ムラサキ貝・ムール貝ともいう?)を。


d0174184_22493169.jpg


これはむちゃくちゃおいしかった!! ガーリックが聞いていて、スープ(汁)まで完食デス。

メインは、私は今度こそハギスに挑戦。
ステーキにハギスをつめたもの。と、チップス(フライドポテト)。

d0174184_22521861.jpg


お肉もジューシーで、グレービー(ソース)もおいしくて、でも、意外とくどくなくて、おいしかった。

だんなは、ベニスン(鹿肉)のシチューみたいなの。エールという地ビールみたいなので煮込んだもの。

d0174184_22541236.jpg


こっちもおいしかったのだけど、だんな的にいまいちだったようで、
私んのをほしがっていたので(笑) 途中で交換してあげました。



ちなみに、いつもだったら、外食だし、この後デザートまでいっちゃうところですが、
今回の妊娠は、甘いものをほとんど欲さなくなりました。特にチョコレート。
嫌なわけではないけれど、手をつけようとは思わない・・ つわりっぽさが過ぎてからも
それは変わりません。(ラッキー♪)
食欲は変わりません。相変わらずよく食べます。その上甘いものまで・・ となると
さすがに体重も気になりますが、今回はそういうことがないので、このまま甘いものは
なくてもいい! 状態でいってほしいものです。


4日目朝。
ここは、朝食のメニューに「フル・スコティッシュ・ブレックファスト」というのがあり、
「イングリッシュ・ブレックファスト」とどう違うんだろう~と頼んでみました。

d0174184_2353471.jpg


ちなみに「ブレックファスト」と名はついていますが、イギリス人、普段からみんなこんなものを
朝食に食べているわけではありません(笑)
「イングリッシュ・ブレックファスト」と違った点は、揚げトーストのところが「揚げ・ポテトスコーン」
だったこと。(画像右上の、茶色いやつ)
スコーンっていうから、普通にスコーンの形を想像していたら、このパンケーキみたいなのことを
いうらしいです。このほかに、「ポテト・ワッフル」っていうのもみかけました。
スコットランドではよくあるものらしいですが、私は初めて。
ブラック・プディング(血を主に材料に使ったソーセージ)(画像左上の黒いやつ)は、私は苦手なので、だんなに。




夜には、エディンバラに戻っていたい、ということで、海側を南下してきました。
これといって当てがあってうろうろしていたわけではないですが、
やっぱり、シーフード・・ と思って、いろいろ探していたら、すごい行列のお店を発見。

d0174184_22591563.jpg


「フィッシュアンドチップスで、全国ナンバー1になった」

と書いてある・・・ 。気になる。

ほかにもレストランがあるのに、ここは、ものすごい行列。
テイクアウトのほうにも別の列が。


こんなところも、小さな子供連れだったら、まず並ぶ気にはなれないし、
いい機会だから食べてみよう、ということで並ぶことに。

30分ほどで席に着くことができて、いざ!!


d0174184_2321629.jpg



・・どんなにがんばっても、「フィッシュアンドチップス」であることには変わりはなく(笑)
でも、衣は最後までさくさくだったし、おいしかったです。
かーなーり大きかったですが、完食。


5日目の夜は、ジャズを見に行く予定があり、夕飯は軽くパニーニで済ませました。
昼に、タイ料理のランチメニューを。こちらもなかなかでしたが。


がっつり食べた5日間だったので、さすがに疲れた・・・ しかも、野菜をほとんど?というほど
食べていない(こっちじゃ、芋は、野菜じゃなくて炭水化物だし)

なので、カンタベリーに戻ったら、緑葉いっぱいのグリーンサラダをもりもりと食べたのでありました。
[PR]

# by utakouta | 2010-08-14 23:13 | ホリデー

スコットランド旅行 ~エディンバラ編~

7月31日から5泊6日で、だんなとスコットランドにホリデー旅行にいって来ました。
それも、娘抜きで。
そもそも話の発端は、義母が

「次の子が生まれる前に、二人でどっかに旅行でもいってゆっくりしてきなさいよ!
桜花は私が面倒みるから! 」

といってくれたのが、きっかけ。
桜花が生まれる前、7ヶ月くらいのときにも、週末1泊で少し南の海岸沿いの街へ
ドライブがてらでかけて、リラックスしてきたので、
じゃぁ、今回もお言葉に甘えて、週末どこかにでも・・・・
なんて思っていたら、

「週末なんて、そんなのホリデーにならないわよ!1週間くらいいってきなさい。」

とのこと。
私は、桜花と1ヶ月以上日本に里帰りさせてもらったし、これ以上ホリデーなんて・・
と思ったのだけれど、だんなはホリデーらしいホリデーはしてないので、
せっかくだから、行かせてもらおう、ということに。
何をしたいというわけでないけど、朝、心行くまで寝ていたいという本人の希望で(笑)

そんなわけで。
夏しかあまり行く気にならない、まだ一度も行ったことがないスコットランドに
行くことにしました。

ここから近くの空港というと、やっぱりロンドンまでいかないといけないですが、
私たちの住むところから車で15分くらいのところにも、一応国際線も飛んでいる空港があり、
そこからスコットランドのエディンバラまで飛行機が飛んでいるのです。
それもあって、スコットランドを選んだんですが。


d0174184_51773.jpg



プロペラ飛行機でした! こんなに小さい飛行機に乗ったのは初めてかも・・・


初日は、夕方について、そのままB&B(ベッド&ブレックファストの略で、
朝食だけついている、民宿のようなところ。イギリスでは、このスタイルが多い)
に直行。

二日目は、スコットランドの首都・エディンバラを観光。

d0174184_5244346.jpg


まずは丘の上にそびえ立つ、要塞みたいなエディンバラ城の入り口。
(でも、チケット売り場は長打の列・・・ だったので、とりあえず今日はパス!
ということで、中に入らず。)

メイン・ストリートをぶらぶらとしてみる。

d0174184_531346.jpg


古い教会。中は現在、コンサートホールとして使用されていて、
私たちもここにジャズのコンサートにいってみました。

※ エディンバラはこの時期、いろんなフェスティバルが開催されていて、
世界的にも有名で大きなものもあり、世界中から人が集まってきていました。
私たちの滞在中は、「ジャズフェスティバル」が開催中で、その中のプログラムを
調べて、いってみました・・

が、この日のジャズは失敗だった・・・・ → だんなが決めた(汗)
モダン・ジャズ だったのが、あわなかった・・ これは二人とも同意見で、
休憩時間の後も残る気になれず、途中で帰ってきてしまいました~


d0174184_5534630.jpg


スコットランドといえば、バグパイプ。通りで演奏している人がいました。
あれって、息継ぎしてるときも音が鳴りっぱなし・・なんだけど、
不思議・・・


d0174184_557977.jpg


同じく、スコットランドといえば、「スコッチ(ウィスキー)」
これは、2010年のシングルモルトの賞(1等?)をとったというもの。
酒屋のディスプレイに飾られていたのに、このお店にはおいてなかった。。
(限定生産らしい)
だんなはどうしてもこれがほしくなったらしく、これを求めてお店を練り歩くことに。
(結果、デパートの売り場でみつけました!)

そのほか、街の様子。
d0174184_632561.jpg


d0174184_682195.jpg


イングランド以上にお天気の悪さで有名?なスコットランドですが、
一日中降り続く、ということはなく、二日目も、午後雨にあたりましたが、
カフェで雨宿りをしている間に止む程度。
滞在中も、土砂降りになったり一時期ありましたが、まぁまぁ恵まれた方でした。
(それをわかっていて、傘を持っていかなかった私たちも私たちですが(汗)
[PR]

# by utakouta | 2010-08-10 06:11 | ホリデー